アンチエイジングを始めよう!

あの日に帰りたい

松任谷由美の歌ではありませんが、日々鏡を見て毎回思うことが「あの日に帰りたい」です。女性であれば誰でも「若く美しくありたい」と思っているもの。

 

しかし現実はそんなに甘いものではありません。30歳を過ぎるとシャワーを浴びても「水をはじくような肌」とは程遠く、肌に付いた水は「粒」のようではなく「水たまり」のようになってきます。

 

そして20代前半では気にならなかった法令線が、35歳を過ぎるとハッキリとしてくるのです。早い人だと30歳にもなれば目尻にシワが出る人もいるでしょう。

 

アラフォー世代になって私のように「あの日に帰りたい」と思わないためにも、若いうちからのしっかりとしたお手入れはとても重要です。しかし若いうちから、顔をあれこれ手入れをしすぎると、反対にシワになりやすいとも言われています。

 

特に皮膚が白くて敏感な方に多いようですよ。何事もほどほどが一番良いのだと思います。しかし30歳を過ぎると、そんなことは言っていられなくなります。

 

これは30歳を過ぎてみなければ皆さんも実感はわいてこないかもしれませんが、なんと言っても潤いが欠けてきます。そして肌にハリが無くなってくるのです。

 

ですから日々のお手入れはとても重要になるのです。「あの日に帰りたい」と思っても帰れないのが現実。でも「あの日に近づく」ことは絶対に出来るのです。「あの日に近づく」ためにも、正しお手入れ方法を身に付け、自分に合ったコスメを使ってくださいね。

 

 

思いこみは恐い

私の友人の多くは、まさにアラフォー世代です。

 

そして皆アンチエイジングに関心を持っています。その友人の中の一人に、常々「整形をしたい。自分の顔が老けて行くことに耐えられない」と、心から思っている友達がいます。

 

最初は「なに言ってるの。全然気にすることないよ」となだめていたのですが、彼女は「自分が老けて行く」「自分が老けていけば、旦那さんが浮気をする」と、かなりの妄想状態にまでなってしまい、結局彼女は「うつ病」になってしまいました。

 

周りから見たら「普通」であっても、本人にしてみればかなり耐えられないことだったのでしょう。確かにアラフォー世代の方でも、その年齢に見えない方っています。

 

中には20代に見える方もいますよね。しかしそれが全部ではありませんから、私から言わせれば「そんなに悩まなくても」と軽く思ってしまうのです。結局友人はアンチエイジングの美容整形を施術し、うつ病も徐々に改善されて行きました。

 

しかし美容整形は数年たてばその効果が薄れてきます。その時にまた「うつ病」になるのではないかと、私だけではなく彼女の家族も心配しているのです。

 

彼女のような「思いこみが激しい」人は、自分が老けて行くことで被害妄想をすることもあるのです。しかし現実はしっかりと受け止めなくてはいけません。急に老けてしまったからと思い悩むのではなく、どうすればいいのかを考えることも大事なことではないでしょうか。

 

アンチエイジングでオススメななのは、美容ドリンクを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

美容ドリンクには、アンチエイジングにうれしい、「プラセンタ」、「コラーゲンなどの美容成分が含まれています。

 

参考:美容ドリンクのオススメ商品

 

特におすすめしているのが、フジフィルムの美容ドリンクです。あの、フジフィルムが開発した、エイジングケアのブランド「アスタリフト」の美容ドリンクです。

 

最先端の技術で、高い吸収率を達成しています。

アンチエイジングに効く美容サプリ

アンチエイジングにおすすめの化粧水